のぼりの活用方法お得情報

危険を知らせるのぼり

危険を知らせるのぼり

のぼりは販売促進や応援など、活気がある場所以外でも実は利用されているのです。

昼間は人通りが多くても、夜になると途端にさみしくなる通りってありますよね。

そういった場所で、危険を察知して!!と危険があるかもしれないことを知らせるのぼりがあります。

警察などが電柱などの横に置いておくことが多いのですが、「チカン注意」というのぼりや「ひったくりに注意」などの旗も見かけることがあります。

そう、犯罪予知ということについて危険を知らせるために利用されるものも多いんです。

警察や交通安全協会では、「交通安全パトロール実施中」や「交通安全週間」また「お年寄りの事故が増えてます」などの文字で、ドライバーに注意を促しています。

黄色で目立つように作られたこうした旗は、危険を知らせるのとともに、警察などがつねに見張っていると知らしめる効果もあるので、販売防止にものぼりが一役買っているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム